大阪府堺市堺区プライベートエステルームピュア

プライベートエステルームピュア

BSセラピー フェイシャル ボディ

更年期障害は病気?

更新日:

からだの不調で困っていませんか?

動悸がする、イライラしやすい、不眠症、ほてり、めまい、吐き気、頭痛、うつ病疲労感、肩こり、腰痛など、原因がはっきりしないからだの不調って辛いですよね。

更年期と言えば40代後半から50代くらいにエストロゲン(卵胞ホルモン)の減少により起こるもの。
ライン

女性の更年期とは

更年期になると卵巣ホルモンの分泌が減少して、脳からの命令ホルモンが過剰に分泌されることと深い関係があります。

更年期障害として知られるほてり、のぼせ、どうき、血圧の変動などは自律神経障害として理解されます。

卵巣への司令室と自律神経の司令室は脳内では隣接しており、卵巣への司令室が乱れると自律神経への司令室も不安定になりやすいためと理解されます。

最近20代~30代の若い世代でも更年期と同じ症状に悩まされている若い女性が増えています。一時的にエストロゲンの分泌が減少するなど、ホルモンバランスの異常によって、更年期障害のような症状が起こります。

更年期でお肌に影響を与える

あごに集中してできる成人ニキビ、鼻の下部分のくすみ、しみなども更年期障害の顔に表れる症状として挙げられます。若い頃にはあまり意識していなかったかもしれませんが、更年期になると肌の潤いを保ちにくくなり乾燥しがちになります。

皮膚の一番表には表皮と呼ばれる組織があり、表皮は角質によって被われているために水分を保つことができるのですが、年齢を重ねていくと、この角質部分が弱ってしまうため水分を保つ力が弱まってしまいます。
またコラーゲンも少なくなりますので肌の弾力やハリなども失われてきてたるんでしまうのです。

大きな原因はストレス

一口にストレスと言っても、精神的、身体的、環境的など、さまざまな種類のストレスがあります。怖いのは、自分にいったいどのくらいのストレスがあるのかは、数値で測れないこと。

気づいた時には疾患として卵巣機能を低下させ、ホルモンバランスが崩れてしまったりなど、身体を壊しているケースも少なくないのです。

ホルモン分泌を崩す要因は主に4つあります。

①ストレス
細かいことが気になる、くよくよしがちな人は視床下部が悪影響を受け、ホルモンが分泌されにくくなる。

②太りすぎ/激やせ
特に3カ月以内に15~20%以上減量した場合、月経が止まったり不規則になる。

③激しい運動
厳しいトレーニングや食事のコントロールがストレスとなるプロスポーツ選手にも多くみられるようです。

④喫煙
血管を収縮させ、各臓器にいきわたる血液の量を減少させて血行不良を起こします。

ライン

心地よく過ごすことでストレスは軽減されます

美味しいものを食べたり、好きな音楽を聴いたり、欲しかったものを思い切って買ったりなどなど ・・・。

心が喜ぶことをしてあげれば、身体も楽になっていきます。ストレスを軽くすれば症状も改善されるでしょう!

時には思いっきり自分の好きなことを実行してみてはどうでしょうか。

ショッピング

さらに身体のことについて詳しく知りたい方はこちらをお読みください。

100%返金保証
当エステルームは使用する化粧品、施術には自信がありますが万が一、お肌に合わなかったり、ご満足いただけなかった場合は、一週間以内にご連絡をいたたければ理由に関わらず全額返金いたします。

安心してご来店いただけるプライベートエステルームピュアです
まずはお気軽にお問い合わせください。お問い合わせ、ご予約、施術、そしてお見送りまで、すべて店主 山岡ゆうこが「笑顔と真心」で応対させて いただきます。店主プロフィール

dsc0117900

ピュア お問い合わせ、ご予約TEL
TEL 080-3832-5558
営業時間 10時~20時
定休日 日曜(相談に応じます)
女性専用
※ 留守番電話になっている時は、お名前と簡単なメッセージを残しておいてください。こちらから折り返しお電話させていただきます。
  • メールでお問合せお問合せフォーム
  • メールでご予約ご予約フォーム

  • -BSセラピー, フェイシャル, ボディ

    Copyright© プライベートエステルームピュア , 2018 All Rights Reserved.